つなぐ人フォーラムのこと

2月の話ですが、清里で毎年開催されている「つなぐ人フォーラム」に行ってきました。3回目の参加です。

環境教育系から始まった集会ですが、今では環境系の他にも福祉、地域おこし、生涯教育、博物館や水族館、ジャーナリスト、とにかく「つなぐ」というキーワードで集まった人々が、それぞれにワークショップや活動紹介をする集まりです。フリーランスもいれば、会社員、研究者、NPO、行政の人や議員まで、職種も多様。職種も業種も社会的地位も関係なく交流して情報交換ができ、全く関係がなさそうだった分野とつながって新たな活動が始まったりする、稀有な場です。私は1年目と今年、刀のワークショップをさせていただきました。

自分でワークショップをしたりしつつも、実は人前に出て喋るとか人の輪の中に入っていくのが苦痛なくらい不得手なのですが、このフォーラムには楽しく参加させていただいております。参加者の全員が全力で何かをしようとしている、それも、それぞれが好き勝手な方向に。「みんなで一緒に同じことを頑張りましょう」的なことが苦手な私にとっては、これでいいんだ、という妙な安心感を得られたりもします。ただ、中途半端な気持ちで参加してしまうと会場の熱気と好奇心に気圧されてどうしていいかわからなくなる可能性大。


そして、このフォーラムのすごい所は終わってからもあちこちでスピンオフが発生すること。集まって盛り上がって、その場ではアイデアが出ても立ち消えになることって多いと思います。つなぐ人フォーラムの人々は、それを各自が持ち帰って実現してしまう。時間が経っても声をかければ集まってくれる。モチベーションの持続がすごい。


というわけで、先日、つなぐ人フォーラムの人々を中心に、東京国立博物館の常設展示見学会をしてきました。刀の解説をメインに考えていましたが、修復のお仕事展のメンバーも参加して文化財の修復についての解説もあり、陶磁器専門家の参加により陶磁器の解説もあり、ついでに上野の夜桜見物もできてしまうという、少々盛り過ぎた感じの会になったのでした。

肝心の刀の解説はというと、ケース越しがやはり難しい…ということを実感。ケース越しでも見えるものを解説したつもりなのですが、私には見えていても、刀を見慣れていない皆さんには見えなかったり。特に沸と匂は難しかったようで、楽しんではいただけたようですが、反省点も多数ありました。改善して次につなげたいと思います。



[PR]
by kyougen-kigyo | 2018-03-29 20:15 | その他


鎌倉、登山、日本刀、その他諸々


by 柴

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
鎌倉歩き
考察編

日本刀
展覧会
リンク集
その他
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 04月
more...

最新の記事

ふいご祭り
at 2018-11-18 11:02
修復のお仕事展 ご報告
at 2018-11-09 20:08
修復のお仕事展18'を開催し..
at 2018-09-22 10:59
雲ノ平へ④
at 2018-09-12 20:04
雲ノ平へ③
at 2018-09-10 20:06

最新のコメント

外部リンク

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
登山

画像一覧