大倉集古館。

大倉集古館の日本刀展、実演に合わせて行ってきました。
去年は柄巻師さんメインに拝見したので、今日は研ぎ師さんメインで見学。砥石も奥が深い・・・砥石と陶石は似てますね、見た目も産地も。成分まで似てるかどうかはわかりませんけれども。
白銀師さんのお仕事も細かい。目立たない切羽の部分にも非常に手間がかかっている、ということがよくわかりました。
同行者3名は柄巻師さんの鮫皮で盛り上がっていました。
こうして実際にいろいろな技を拝見できる、というのはありがたいことです。


追記。日本刀の研磨は程度や形態によるが1寸につき1万~1万5千円が相場と言われている。というと「そんなに高いの!?」という反応が大半ですが、単なる刃物好きがちょっと包丁研ぐのとは話が違います。使っている砥石の種類の多さ、それを使いこなす技術の高さ、かけられる時間、天然砥石の貴重さ・・・諸々考え合わせれば「そんなに高いの?」という言葉がいかに研ぎ師さんに対して失礼か。研磨に限らず他の技術でも(日本刀や伝統技術だけでなく近現代の様々な技術にしても)同じことだと思いますけれども。
[PR]
by kyougen-kigyo | 2013-06-16 23:14 | 日本刀


鎌倉、登山、日本刀、その他諸々


by 柴

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
鎌倉歩き
考察編

日本刀
展覧会
リンク集
その他
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 04月
more...

最新の記事

ふいご祭り
at 2018-11-18 11:02
修復のお仕事展 ご報告
at 2018-11-09 20:08
修復のお仕事展18'を開催し..
at 2018-09-22 10:59
雲ノ平へ④
at 2018-09-12 20:04
雲ノ平へ③
at 2018-09-10 20:06

最新のコメント

外部リンク

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
登山

画像一覧