<   2015年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

長野3泊4日旅行①

3泊4日で長野旅行してきました。同行者1名。
メインは坂城町鉄の展示館の第6回「日本刀の匠たち」展。初日、まずここへ行きました。今年は根津刀匠が主席受賞。お会いしたことはありませんが、独立したばかりの若手とのこと。おめでとうございます。根津刀匠、明珍宗裕刀匠、月山貞伸刀匠が作刀部門の上位3位。個人的には月山刀匠の作品が綾杉肌が綺麗で良かったと思います。この展覧会はコンクールなので、キャプションが解説というよりも作り手に対する評価と課題提示になっていて興味深い。
展示館前の売店でコーヒー飲んで(坂城町のマスコット「ねずこん」のグッズが年々増えている)、行くと必ず買うねずみ大根のドレッシング買って、時間があったので歴史館も見学して、次は上田市立美術館へ。

こちらも日本刀の展覧会ではありますが、がらりと雰囲気が変わってゲームとコラボした「戦国無双の刀剣展」。若手から文化財クラスの刀匠まで関わってゲームキャラクターの武器を制作してしまったという。銃刀法の規制でゲームそっくりには作れないようですが、どれも真面目にしっかり作られています。借用史料も結構あって、頑張っている展示だと思います。写真撮影可だったのでちょっと撮ってきました。私はゲームファンじゃなくて刀鍛冶さんのファンなんですけどね…はたから見たらゲームファンに見えただろうな。
c0263829_2033479.jpg
c0263829_20333652.jpg

この日の残りは雨の中、上田市内を見物。上田城の櫓の中に展示されていた陶磁器類。17世紀後半というキャプションが付いていたんですが、もっと時代が下がる気がする…
c0263829_20334832.jpg

(つづく)
[PR]
by kyougen-kigyo | 2015-06-30 20:39 | 日本刀

今日は刀文協の鑑賞会でした

日本刀文化振興協会の公開鑑賞会、行ってきました。毎回勉強になるので忘れないうちに書いておきます。

出品刀:
三上貞直(刀)、長義(脇差)、明珍宗裕(刀)、泰龍斎宗寛(刀)、
山浦真雄(刀)、兼虎(脇差)、正直(刀)

コンセプトは備前伝とその影響、ということのようです。この中で一番備前を主張しているのは明珍さんでしょうか。三上さんの刀は身幅が広くて豪壮です。長船長義は大磨上げ無銘、ナカゴの下の方に素剣と草の倶利伽羅の彫刻が一部残っているので、元々は相当長かったと思われるものでした。

解説者の一人の宮入刀匠が坂城ですし、次の大河ドラマが真田で長野が盛り上がっているということもあって山浦一門が出てきたようです。あまり触る機会がないので何度も持たせていただきました。真雄の刀は長巻直しだから重ねが厚くて長さもあって重かった。砂流しがはっきり出ていてわかりやすい。松代藩の記録「刀剣切味並折口試之次第」の資料も頂きました。干し藁に始まって古具足だの鹿角だの鉄敷だの…詳細は「松代藩荒試し」などで検索すればいくらでも出てくるので割愛しますが、すさまじいです。大慶直胤の刀は全然だめだったといいますが…厳しいな、松代藩。真雄の長巻直しに並んで息子の兼虎の脇差、こちらは菖蒲造り。今週末に坂城と上田に行く予定なので、山浦一門を拝見できたのはちょうどよかった。
刀装具は平安城の丁子と蓑と唐草文様を象嵌した鍔が個人的には好きでした。

ゲームの影響と思われる若者が数人、来ていました。私は常々言っているのですが、入り口は何でもいい。本物の良さに気付いてくれれば。今日来て、真面目に刀を見ていた若者たちは、きっと模造刀じゃ物足りなくなりますよ。
[PR]
by kyougen-kigyo | 2015-06-21 21:14 | 日本刀

泰衡追討の院宣

文治5年9月7日。宇佐美實政が生捕った泰衡の郎従由利八郎を連れて陣岡へ参上。ここで天野右馬允則景と相論になり、梶原景時が由利八郎を怒らせた話はだいぶ前に書きました(http://jinjitsu.exblog.jp/21805418/)。相論は實政の勝ち。由利八郎の態度を聞いて会ってみたいと思った頼朝、由利八郎に「泰衡は河田次郎一人のために誅されてしまった、2か国を管領して17万騎の貫主でありながら20日の内に一族滅亡したのは言うに足りないことだ」と言うと由利八郎に左馬頭殿は海道15か国を管領しながら1日も支えず零落して数万騎の主であったのに長田庄司に誅せられたのだからその甲乙は如何に、と言い返されてしまいます。それは当然言われるだろうなぁ、と思うのですが。由利八郎は畠山重忠預かりになりました。

8日、安達新三郎が合戦の次第を帥中納言に報告するために飛脚として上洛。
9日、鶴岡八幡宮臨時祭。流鏑馬など通常通り執行されましたが頼朝はまだ蜂杜に逗留中。高水寺の僧侶たち16人が、御家人の僕従が寺に乱入して金堂の壁板13枚をはがして持って行ったと訴えてきたので驚いた頼朝、景時に究明させたところ宇佐美實政の僕従の所為と判明したので、訴えてきた衆徒の前で刑を加えるようにということで…その刑罰がなかなかに恐ろしい。「令切件犯人之左右手於板面以釘令打付其手訖」当時としては普通なのかもしれませんが。頼朝はさらに寺の興隆のため所望があるかどうか聞きますが、僧侶たちは訴えが即座に裁断された上は所望なし、と寺に帰っていきました。頼朝はその他の藤原氏が建立した堂塔についても僧侶は罪科にはせず仏閣の数に応じて灯油田をあてることを表明しています。信仰心というより寺院勢力を敵に回すと面倒というのもあるでしょう。

この日の晩、京都の一条能保からの使者が陣岡に到着、7月19日付の泰衡追討の院宣を持参。使者の言によると24日に奉行蔵人大輔が帥中納言に送り、26日に帥中納言から一条能保に送られて28日に出京とのこと。それなら8月中に届きそうなものです。陣が移動しているから到着が遅れた可能性もありますが、7月19日といえば頼朝が鎌倉を出立した日ですから、後出ししながらその日付に合わせて院宣を書いたのでは。なにやら現代のお役所の書類と同じような感覚ですが。
[PR]
by kyougen-kigyo | 2015-06-15 08:46 | 考察編

平泉~藤原泰衡滅亡

かなりサボってます。今月から少し時間ができそうなので頑張って吾妻鏡読みます。

さて、文治5(1189)年8月21日、頼朝の軍は平泉へ向けて進軍。泰衡は館に火を放って逃亡します。22日の申の刻に頼朝が到着した時には泰衡の平泉館はすっかり焼けて無人となり、ただ坤の角に一宇の倉が焼け残っていた、と吾妻鏡にはあります。葛西清重と小栗重成にその倉を開けさせてみたところ、沈や紫檀で作られた厨子が数脚、その中には牛玉、犀角、象牙の笛、水牛角、紺瑠璃の笏、金の沓や玉幡・華鬘、蜀江錦の直垂、縫わずの帷、金造りの鶴、銀造りの猫、瑠璃の灯爐、南廷百(銀のことらしいですが「各盛金器」とあります)、等々、珍しい宝物ばかり。隅っこに残っていた倉一つでこれですから平泉館が焼けてなかったらどれだけのものが残っていたか。象牙の笛と縫わずの帷は葛西清重に、玉幡や華鬘は小栗重成が氏寺の荘厳に使いたいという望みにより与えられました。「銀造猫」は頼朝も持ってましたっけ。西行への餞別になりましたが。西行は文治2年に頼朝と会った後、その足で奥州へ東大寺勧進に行っていますから、頼朝からもらった銀の猫、実はその辺の子供にあげたんじゃなくて奥州まで持って行って勧進の御礼に秀衡の所に置いてきた可能性もなくはない?

続きを読む
[PR]
by kyougen-kigyo | 2015-06-01 19:25 | 考察編


鎌倉、登山、日本刀、その他諸々


by 柴

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
鎌倉歩き
考察編

日本刀
展覧会
リンク集
その他
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

最新の記事

春の山へ
at 2017-04-21 20:27
陶磁器の論文発表中
at 2017-04-12 22:41
二階堂川の源流へ
at 2017-02-26 20:07
展覧会3つ
at 2017-01-23 20:42
日本刀の話題2件
at 2017-01-16 20:40

最新のコメント

外部リンク

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
登山

画像一覧