<   2014年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

流鏑馬のこと

最近、吾妻鏡から話が離れているので軌道修正。

文治3年(1187)4月1日、山科に頼朝の宿所の地を所望しています。ついに上京の準備、です。まだ先ですが。

8月1日から15日までの鶴岡放生会が始まるのがこの年。4日には流鏑馬の射手・的立等の役割分担が決められています。熊谷直実、的立の役を命じられて「射手より劣った役だ」と不服申し立て。この役は下職ではなく射手よりも格の高い役なのだ、と説得されてもやらなかったので所領を減らされました。熊谷直実、建久3年(1192)の境相論で不利になったのに腹を立てて遁世しています。平家物語で有名なように敦盛を討ったのがきっかけで出家したのでは全くありません。この文治3年の流鏑馬の件でもずいぶん意固地というか、情の強い人物だな、という印象。敦盛の物語を知ったら本人、驚くでしょうね。怒り出すかもしれません。

9日、鶴岡境内の清掃、馬場の埒の作成。15日が鶴岡放生会の当日です。「有流鏑馬、射手五騎、各先渡馬場、次各射訖、皆莫不中的」と御家人たちが腕を競った後に呼ばれたのが、諏方大夫盛澄。「秀郷朝臣秘訣」を習い伝えた流鏑馬の名手ですが平家に属していたために囚人となっていました。流鏑馬一流が絶えることを惜しんで断罪せずにいたのを召し出して、頼朝の厩で一番の悪馬を賜り流鏑馬を射ることに。厩の舎人がその馬の癖をこっそり教えてくれたこともあって無事、全ての的に射当てますが、今度は小さな土器を五寸の串に挟んだものを3本射るように命じられ、これも全て的中。さらにその串3本を射よという難題を出されますが見事に射切ったので、頼朝も機嫌が良くなり、晴れて罪を許されました。

鶴岡の流鏑馬は何度か見に行ったことがありますが、馬を走らせながら上体がまったく動かないで矢を射る技術はすごいものだと思いましたし迫力ありました。あそこの流鏑馬はサラブレッド(多分)を使っているので当時とはかなり雰囲気が違うとは思います。
[PR]
by kyougen-kigyo | 2014-04-28 20:25 | 考察編

栄西と建仁寺展

昨日、仕事帰りに東博の「栄西と建仁寺展」見てきました。夜は空いてていいですね。
なかなか気合の入った展示でした。入ってすぐに教科書にも掲載されている栄西禅師の木像。次に建仁寺方丈の四頭茶会の場を再現したコーナー。映像で茶会の様子も放映していたのでわかりやすかった、客が抹茶の粉入りの天目を手に持ち、僧が左手で湯を注ぎ右手で茶を点てる古式。相伴客の茶を点てるのは立ったままでそれをやるんだから、難しそう。客の方も緊張するでしょうね、これは。
再現された方丈を見て「おお、君台観左右帳記!」と思ってしまいました。三幅の掛軸、折卓に胡銅の燭台・花瓶・香炉の三具足。すぐ向かいのケースには、龍泉窯の花瓶や香炉。油滴(九博所蔵品)や鼈盞(三井記念所蔵品)も展示されています。唐物好みの時代の風景です。

ずっと進んで絵画の展示室、今回のメインは展示の最後にあった風神雷神のようですが、個人的には海北友松の七賢図や迫力ある龍の図の方が印象に残りました。しかし龍の髭がどうしてもナマズの髭に見えてしまうのは私だけ? 絶対ナマズを観察して描いてると思うんですが。角の質感は鹿角かな。

妙光寺「印金堂裂帖」も興味深く拝見。なぜこれに気を惹かれたかというと以前、「町人考見録」を調べた時に出てきたのを覚えていたから。糸屋十右衛門の項に、

  西鳴滝に禅院を建立す。今の妙光寺是也。其寺院の内に人麿の尊像を安置し、一宇を立、人丸堂と
  いふ。彼堂の内陣を印金を以て張る。世に鳴滝印金といふ。
                         (岩波書店『日本思想大系59 近世町人思想』所収)

とある、まさにその印金ではないですか。文章だけでは想像しきれなかった実物が目の前にある、というのは感慨深いことです。

「建仁寺ゆかりの名宝」コーナーでは胡銅の三具足、燭台の獅子がなんとも可愛い。狩野派に等伯、蕭白、若冲、芦雪と錚々たるメンバーの絵画を見て、ちょっと異色なのが長崎伝来、清時代の涅槃図。中国絵画にお馴染みの吉祥図案がてんこ盛りでやたらめでたい、中央のお釈迦様も福々しいし集まってる人も何だか楽しそうだ…不思議な涅槃図でした。
奥田潁川、仁阿弥道八の作品群も良かった(エイセンは変換するのにドウハチは変換しないんですね、Windowsにも何か贔屓があるのか?)。道八の山羊の手焙り、いいなぁ。

東博に限らず年々、図録が分厚くなっていくのはどうなんでしょう、内容が充実するのは嬉しいのですが本棚が限界…
[PR]
by kyougen-kigyo | 2014-04-19 11:54 | 展覧会

学術データベースいろいろ

最近、さぼり気味です。
前にもいくつか書いたことがありますが、面白い学術データベースをご紹介。学術というと研究に使うお堅い雰囲気ですが、中身はけっこう面白い。しかも近頃は画像の質が良いので詳細部分を拡大してみることも可能。絵巻物の画像もあるので、展覧会に出品されるのを延々と待たなくてもいつでも閲覧できるようになりました。

例えば国文学研究資料館の歴史人物画像データベース(http://base1.nijl.ac.jp/~rekijin/)。日本の絵入り古典籍から人物画像を切り抜いて、キャラクターごとに分類したもの。もちろん出典も書いてあるので「あの人の絵ってどの本に出てたっけ?」というようなときにも便利です。

国際日本文化研究センター(http://db.nichibun.ac.jp/ja/)もデータベースの宝庫。古事類苑データベースなんかは便利に使わせていただいてますが、このセンターでユニークなのは妖怪画像データベースでしょうね。

よく使うのが国立国会図書館デジタルコレクション(http://dl.ndl.go.jp/)。近代デジタルライブラリー(http://kindai.ndl.go.jp/)も、著作権の切れた明治以降の図書が閲覧できるので、ちょっと古いけど貴重書データベースには出てこない、というようなものが読めるかも。

このような学術データベースはだいたい、文科省の科学研究費助成事業など公的研究費で作られているもの。研究者じゃなくても、どんどん活用していった方が良いと思います。多くの人が見ることでまたデータが追加されたりして充実していきますから。
[PR]
by kyougen-kigyo | 2014-04-10 07:15 | リンク集


鎌倉、登山、日本刀、その他諸々


by 柴

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
鎌倉歩き
考察編

日本刀
展覧会
リンク集
その他
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

最新の記事

春の山へ
at 2017-04-21 20:27
陶磁器の論文発表中
at 2017-04-12 22:41
二階堂川の源流へ
at 2017-02-26 20:07
展覧会3つ
at 2017-01-23 20:42
日本刀の話題2件
at 2017-01-16 20:40

最新のコメント

外部リンク

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
登山

画像一覧