<   2013年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

奥州藤原氏の献上品のこと

文治2(1186)年4月24日、陸奥の藤原秀衡から鎌倉へ、請文が到着。内容は、「貢馬貢金等、先可沙汰進鎌倉、可令伝進京都由載之」朝廷への貢馬貢金等はまず鎌倉へ送るので、京都へ伝進してほしいということ。これは頼朝から送った書状に対する返事で、最初の書状の内容は「御館者奥六郡主、予者東海道惣官也、尤可成魚水思也、但隔行程、無所于欲通信、又如貢馬貢金者為国土貢、予争不管領哉、自当年、早予可伝進、且所守勅定之趣也者」。上辺は仲良くしましょうよ…と言いつつ奥州藤原氏と朝廷の間の献上品ルートに介入して藤原氏を牽制し、朝廷への影響力を弱めようという意図は明確。
5月10日に早速、秀衡から貢物の馬3疋と長持3棹が鎌倉へ送られてきたので、京都へ進上。10月にも同様に、「陸奥国今年貢金四百五十両」が送られてきたので京都へ転送しています。
奥州藤原氏がこれだけ直接に出てくるのは吾妻鏡では初です。遡って養和2(1182)年に頼朝が江ノ島で藤原秀衡調伏祈願をしていますし、秀衡が義経を援助しているという風聞も流れてはいますが、具体的な姿は出てきていませんでした。
頼朝が書状を送ったのがいつなのか不明(吾妻鏡では「去比」としか書かれていません)なので、返書が来るまでにどのくらい時間がかかっているのかもわかりませんが、頼朝が秀衡の勢力を恐れたのと同様、秀衡の方でも頼朝の軍事力は脅威だったのでしょう。要求を断って東海道と北陸道を封鎖されたら朝廷との連絡が断絶してしまいますから、仕方なく承諾したものと思われます。

一方、6月28日に一条能保の飛脚から義経の娘婿・源有綱が大和国宇多郡で合戦の末自殺したとの報告があり、閏7月10日には同じく能保の飛脚が、義経の小舎人童・五郎丸を捉えたという書状をもたらします。五郎丸によれば義経は6月20日頃まで比叡山に隠れていた。また、義経という名前が三位中将・藤原良経と同じ読みだというので義行に改名されたことを告げています。ちなみにこの後、義行では「よく行く」と読めるから捕まらないのだ、ということになって「義顕」に改名されていますが、ややこしいので義経で通します。閏7月26日には五郎丸の白状に基づき天台座主に義経をかくまった僧を出すように要請しますが、逃げたとかまだ山内にいるとかはっきりしません。武士を遣わして探させるのはさすがにできなかったようで、天台座主以下に捜索を任せるという形で落ち着いています。
義経が朝敵にされたのが文治元年の11月ですから、案外長いこと都の近辺に潜伏しています。比叡山にしても吉野の大衆にしても一枚岩ではなく内輪揉めも始終やってますから、一山を挙げて義経を支援したのではなく、一部勢力が義経に同情的だったということだと思います。
[PR]
by kyougen-kigyo | 2013-12-28 21:15 | 考察編

甘縄神明社

先日、平日に休みがあったので鎌倉に行ってきました。前回の話に書いた甘縄神明社。
c0263829_118644.jpg
好きな場所の一つです。鎌倉文学館と長谷寺の中間地点くらいにあって特に有名な観光スポットというわけでもないので静かな神社。鎌倉で最も古い神社とのこと。由緒によれば和銅3年創建とありますが、そこまで遡らないとしても鎌倉時代より前からあったと思われます。高台にあるので景色が良かったのですが、最近は周りの樹が育ってきて見晴らしが悪くなっています。
c0263829_1182750.jpg


続きを読む
[PR]
by kyougen-kigyo | 2013-12-23 11:23 | 鎌倉歩き

静御前のこと

文治2年(1186)3月1日、静が母親の磯禅師と共に鎌倉に到着。御家人の安達新三郎清経宅に逗留することになります。安達清経の家がどこにあったのかは不明。6日に義経について尋問があり、静の言によれば義経は吉野山の僧坊にいたところ大衆蜂起と聞こえてきたので山伏の姿で大峰に入った。静も慕って後を追おうとしたが大峰は女人禁制であると僧に叱られて京の方へ赴いた時、一緒にいた雑色が財宝を取って逐電してしまった。僧の名前は忘れた、と。結局、義経の所在は不明。
3月14日、行家・義経捜索の宣旨が京都から到着。この手の宣旨がしつこいくらい出されていますが、これは2月30日付けで熊野、金峰山、大和・河内・伊賀・伊勢・紀伊・阿波等の国司に向けて出されたもの。翌日の15日条に義経が伊勢神宮に参詣して金作りの太刀を奉納した、とありますし、4月20日には義経が洛中にいるらしいという噂もあり。どうやらまだ畿内近辺に潜伏中。

3月22日、静が義経の在所は知らないと言い切るので、懐妊しているから出産後に(京都へ)返すということに決定。ここで初めて静が義経の子を身ごもっていることが記述されています。

続きを読む
[PR]
by kyougen-kigyo | 2013-12-15 00:05 | 考察編

文治2年。

文治2年(1186)は元旦の記事が無くて正月2日から始まっています。頼朝と政子、甘縄神明宮へ御参、帰りがけに安達盛長の家に立ち寄る。安達盛長は側近中の側近であり、頼朝の乳母・比企尼の娘婿でもあるので、甘縄神明参詣から盛長宅へというコースは時々、出てきます。盛長の妻の丹後内侍が病気になって見舞いをした記事もあり、家族ぐるみな付き合い、という感じ。

翌3日は直衣始めの儀。直衣は公家の平服だけれども三位以上は直衣姿で参内できる、ということで、ここでは昨年従二位に叙された頼朝が参内に代えて鶴岡八幡宮に参詣、御奉幣。この時、千葉常胤と子息の胤頼の席次が特記されています。父が上座で子が下座が通常ですが、左右に分かれて着座した時、常胤と胤頼は相対していた(ただし胤頼は少し下方に寄って座った)ので人々は良く思わなかったけれども、これは頼朝の命によるので、常胤は六位、胤頼は五位に叙されていたため官位を尊重した、とのこと。一応、朝廷重視の姿勢を見せてみた、ということでしょうか?

21日、法皇の六十の賀のため上絹三百疋、国絹五百疋、麞牙(字が潰れていますが「鹿」の下に「章」、白米のこと)、斑幕六十帖などを京都へ進上。ついでに去年言上して決定した流刑などについて早く行われるようにとの申し入れ。お祝いの時にまでそんなこと言わなくても…という気がしますが。玉葉の2月12日条に伝聞として、「頼朝別進法皇、上絹三百疋、国絹五百疋、幔卅帖云々、以越前介兼能為使、其次奏聞種々事等」とあるのが京都への到着記事でしょう。

29日、義経の在所いまだ不明により、静を鎌倉へ送るようにと北条時政に命じます。
一方で在京の時政は盗賊退治などの治安対策で能力発揮。2月1日には捕らえた盗賊18名を検非違使に渡さず首を刎ねています。京の貴族じゃなかなかこう荒っぽいことはできないので、2月に一条能保が鎌倉から京都へ帰洛して時政と洛中警護の役を交代、時政は北条時定らを代官に置いて鎌倉へ帰参しますが、ちょっと先の5月13日条の院宣を見ると時政が関東に帰ってから洛中の狼藉は数えきれないほどで、去月29日の夜には上下7ヶ所に群盗乱入とのこと。院は時政を下向前にも引き留めたりしていて、義経で失敗したので今度は時政に近づこうとしている雰囲気もあり、実際に治安が悪くなって困っている雰囲気もあり。

このほか2月中の出来事としては、18日に義経が多武峰にいるとの情報が寄せられて、義経と師檀関係を結んでいる鞍馬の東光坊阿闍梨や南都の周防得業らの僧が鎌倉へ呼び寄せられています。19日、伊豆国特産の甘苔到来、京都へ進上。「任例」とありますし、玉葉にも関東から甘苔が来たという記事があるので時々京都へ送っていたのでしょう。26日、頼朝の二男(千鶴丸を入れるなら三男)となる若君誕生、ただし母は政子ではなく常陸介藤原時長の娘であるため、政子を憚って御産の儀式は省略され、この後も若君を養育していた大江景国が政子の不興を蒙って深沢に籠ったりしています。それでも無事に育って、後に出家して貞暁と名乗ることになる人物です。
[PR]
by kyougen-kigyo | 2013-12-08 15:00 | 考察編

先週の話の続き。

五島美術館の光悦展、図録を読みました。あんまりここで内容を書いてしまうわけにもいかないので、世間に出回っている「光悦=天才芸術家」イメージや「古田織部への傾倒」イメージに一石を投じるものである、とだけ言っておきましょうか。今後の研究の展開が面白そうです。しかし系図というのは、ややこしい…
私はまた光悦から脱線して『隔蓂記』の史料を見てしまったりしていますが。日記の著者の鳳林承章、膳所焼は贈答に使ったり注文で購入したりと、かなりお好みだったようです。当時の流行でもあったのでしょう。『隔蓂記』の蓂(メイ)はPCだと出ますが携帯だと文字化けしているようですね。「草かんむりに冥」です。ちなみに蓂というのは『十八史略』に出てくる「十五日以前日生一葉。以後日落一葉。月小尽則一葉厭而不落。名曰蓂莢。観之以知旬朔。」から来ているようです。

伊万里大皿の使用法についても国会図書館や都立図書館のデジタル化資料を眺めていたのですが、全部を見たわけではないし浮世絵が現実を描写しているとは限らないので「懐石用の膳の上に大皿」皆無とは言えませんが、やはり大型の盆や卓に載せるのが一般的だと思います。国会図書館、転載は許可が必要ですが資料画像へリンクをはるのは自由らしいので、例えばこちらのような↓(国立国会図書館デジタル化資料のページが開きます)。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2590557/35
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1302780/2

来週から鎌倉時代に頭の中を戻せるか…?
[PR]
by kyougen-kigyo | 2013-12-01 12:38 | 展覧会


鎌倉、登山、日本刀、その他諸々


by 柴

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
鎌倉歩き
考察編

日本刀
展覧会
リンク集
その他
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

最新の記事

戸倉三山縦走
at 2017-06-11 14:04
春の山へ
at 2017-04-21 20:27
陶磁器の論文発表中
at 2017-04-12 22:41
二階堂川の源流へ
at 2017-02-26 20:07
展覧会3つ
at 2017-01-23 20:42

最新のコメント

外部リンク

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
登山

画像一覧