<   2013年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

大刀剣市2013

毎年、東京美術倶楽部で開催される全国刀剣商業協同組合主催の大刀剣市、今年も行ってきました。ここ数年、毎年覗いてます。顔見知りの刀鍛冶さんや刀屋さんに挨拶しつつ、3巡くらい…刀があれば何巡しても飽きませんが。過去には10時から18時まで丸一日いたこともあります。入場券は3日綴りになってますから3日連続で行く人も当然、いるのでしょうね。大刀剣市に行くと同好の士が大勢いることになんだか安心するのは私だけでしょうか…
ガラスケースなしにあれだけの数の刀が並ぶ場は、他にはほとんど無いのでは。希望すれば手に持って拝見することもできますし。目貫や鍔など刀装具もたくさん、美術館と違ってピンからキリまで色々あって面白い。あと、場内にお昼ご飯食べる場所があるのがいいです、あの辺はレストラン少ないですから。
ちなみに明日10/27までで入場料2000円(カタログ込み)です。
[PR]
by kyougen-kigyo | 2013-10-26 19:42 | 日本刀

日本一の大天狗と、守護・地頭・兵糧米

文治元年11月3日に義経等が京を離れたことで上洛の必要なしと判断した頼朝は8日、黄瀬河から鎌倉へ戻ります(そもそも最初から上洛の意志があったかどうか疑問ですが)。『玉葉』を見ると京では11月半ばまで「頼朝が上洛する」という噂が流れており、九条兼実の元に「頼朝が鎌倉に帰った」という情報が届くのは11月23日ですから、効果は十分だったわけです。
10日には一条能保の許に「都人伝言」として、義経の反逆によって頼朝追討を宣下すべきかどうか議論が行なわれた際に誰が賛成してだれが反対したかという情報がもたらされます。朝廷内の情報、筒抜け。そのことは愚管抄でも言及されており、頼朝の妹の夫になっている能保を始めとして、「カヤウニシカルベキ者ドモクダリアツマリテ、京中ノ人ノ程ドモ何モヨクヨク頼朝シリニケリ」。情報戦でも頼朝の勝ち、というより朝廷側では関東なんて見くびっていて情報集めもろくにしていなかったのでしょう。

続きを読む
[PR]
by kyougen-kigyo | 2013-10-20 00:00 | 考察編

義経追討の院宣

文治元年10月18日に頼朝追討の宣旨が下されましたが、吾妻鏡では早くも22日にその報告が鎌倉に届いています。報告を聞いた頼朝、動揺も見せず勝長寿院の供養の準備に専念。
10月24日、何事も無かったかのように、勝長寿院の落慶供養が執り行われます。供養が終わって大倉御所へ還御の後、おもむろに和田義盛と梶原景時を呼んで、明日上洛するから軍士を集めて着到をつけ、その内で明暁に進発できる者を注進せよ、と命じました。実は怒ってる…? 夜半に及んで、群参した御家人は千葉常胤以下2,096人、その内すぐに上洛できる者は小山朝政・朝光以下58人という回答がありました。
翌25日、先遣隊の御家人たちが京都へ向けて進発。29日には頼朝自身が千葉常胤や土肥実平らを率いて鎌倉から出ます。ついに頼朝が上洛か…と思いきや、京の動静を見定める、とか言って駿河の黄瀬河でストップ。箱根を越えて三島のちょっと先でしかありません。後方の奥州の動向が気になっていたのでしょう。

続きを読む
[PR]
by kyougen-kigyo | 2013-10-12 15:43 | 考察編

頼朝追討の宣旨

勝長寿院の落慶供養があった文治元年(1185)10月から少し遡って5月11日、頼朝を従二位に叙すという知らせが鎌倉に届き、15日には義経が壇ノ浦で捕虜になった平氏の棟梁、平宗盛とその子・清宗を連れて酒匂宿に到着。明日鎌倉に入るという使者の言でしたが、北条時政らが宗盛・清宗の迎えに派遣され、義経は「鎌倉に参るべからず」と酒匂で止められてしまいます。翌日、宗盛父子は若宮大路を通って大倉御所の西の対へ。頼朝が宗盛と対面するのは翌月7日のことなのでしばらく間があきますが、この間に有名な「腰越状」が義経から大江広元に届けられています。腰越状、名文ではあるけれども義経が書いたものではなく偽書だろうと言われています。後世、長らく文章のお手本として使われるようになるのですから捏造した人の文章力が非常に高かったということですね…なぜ酒匂で止められてたはずなのに腰越なんだろう?

続きを読む
[PR]
by kyougen-kigyo | 2013-10-05 23:11 | 考察編


鎌倉、登山、日本刀、その他諸々


by 柴

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
鎌倉歩き
考察編

日本刀
展覧会
リンク集
その他
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
more...

最新の記事

展覧会予告「修復のお仕事展’..
at 2017-09-16 10:55
今年も坂城へ
at 2017-08-19 13:18
戸倉三山縦走
at 2017-06-11 14:04
春の山へ
at 2017-04-21 20:27
陶磁器の論文発表中
at 2017-04-12 22:41

最新のコメント

外部リンク

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
登山

画像一覧