久々に吾妻鏡。

今年はあんまり鎌倉に行けませんでした…11月に行こうと思っていたら肺炎になってしまったし。せめてストップしてる吾妻鏡の読み進めを。

前回がだいぶ前ですが(去年の7月だ…)、文治5(1189)年9月から。
9月22日、葛西三郎清重が陸奥国の御家人を総括する奉行に任命されています。
23日、頼朝が平泉の無量光院へ参詣。
24日、葛西清重が奉行に加えて平泉郡内の検非違使所を管領するよう命じられ、更に伊沢、岩井、牡鹿など数ヶ所を拝領。ここから奥州葛西氏が始まります。
27日には頼朝が安倍頼義の衣河の旧蹟を見物、28日に帰途につきますが、その途中で田谷窟を見ています。



10月1日には奥州に行っていた間の食事などについての記述があり、

  毎日御羞膳盃酒御湯殿各三度、更雖無御懈怠之儀、遂以所不令成民庶之費也、
  運送上野下野両国乃 貢云々、人以莫不欽仰、又河野四郎通信令持土器、
  食事毎度用之、榛谷四郎重朝洗乗馬事日々不怠、是等則今度御旅館之間、
  珍事之由在人口云々、

食事が毎日3度なのはわかりますが、この文章だと湯殿も3度だったと読めるんですが。どうだったんでしょう。費用についてはその辺の住民を煩わさずに上野下野両国から運ばせたとのこと。吾妻鏡では褒めてますが、上野と下野の住民、それにそこを治めている小山氏が大変だったでしょう。その他のエピソードとしては、河野四郎通信が土器(かわらけ)を持たせて毎食これを用いていたこと、榛谷四郎重朝が乗馬を日々怠らずに洗っていたこと、が特記されています。かわらけは現代でいう紙皿のような感じで通常、使い捨てですから、同じものを使い回していたのは珍しかったわけです。ちなみにかわらけのカケラは由比ヶ浜にも落ちてます。ゴールデンウィークに行った福井の一乗谷朝倉氏遺跡でもたくさん落ちていました。朝倉氏遺跡なんかは発掘もほぼ終了して非常に整備されているのですから、考古資料としては「もう、いらない」ほど大量に出土している=それだけ大量消費品だったということです。馬は大事だったはずですが、毎日洗うのは珍しいんですかね。

10月11日、御厩舎人の平五新藤次という人物が、馬10匹を具して鎌倉に到着。奥州の馬を若君(頼家)に進上するために先行したようです。また、平五が「還御が近い」と伝えたので、佐々木次郎経高が御所中の掃除をさせて頼朝帰還の準備をしています。
19日、頼朝一行が下野国に到着、宇都宮神社に立ち寄り奉幣。奥州で捕虜にした樋爪太郎俊衡の一族を宇都宮神社の職掌に任命しています。
24日に鎌倉に帰着。即、京都へ奥州の件が終わった旨の手紙を送っています。
この頃のことを『玉葉』で見てみると、

10月10日「入夜能保卿示送云、頼朝卿申遣云、去九月三日誅泰衡了云々、天下之慶也」
10月20「能保卿示送云、奥州事併召取了、不漏一人云々、送注文一紙、実天之令然也、非言語之所及」

手紙が届く前に一条能保を通じて情報は届いていたようです。
[PR]
by kyougen-kigyo | 2016-12-20 21:35 | 考察編


鎌倉、登山、日本刀、その他諸々


by 柴

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
鎌倉歩き
考察編

日本刀
展覧会
リンク集
その他
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

最新の記事

戸倉三山縦走
at 2017-06-11 14:04
春の山へ
at 2017-04-21 20:27
陶磁器の論文発表中
at 2017-04-12 22:41
二階堂川の源流へ
at 2017-02-26 20:07
展覧会3つ
at 2017-01-23 20:42

最新のコメント

外部リンク

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
登山

画像一覧