赤城山

初めて赤城山に行ってきました。神道集にも出てくる古い神社、行かねばと思いつつなかなか足が向かず。赤城山という名前の山は無いのですね。黒檜山、駒ヶ岳、地蔵岳、等々のあの山域をまとめた総称が赤城山なのだそうです。

連休で遠出している人が多いだろうから日帰り山はそれほどでもないのでは…という目論見で。初赤城山なのにカメラ忘れてガラケーで撮りました。ちょっと残念。
赤城山までは前橋からバスで1時間ほどです。バスは座れる程度の混み具合でしたが、自家用車で行く人が多いようで赤城神社周辺の駐車場はかなりいっぱいになっていました。家族連れが圧倒的に多いですね。今回は主峰・黒檜山と駒ヶ岳。その前に大沼に突き出た小鳥が島にある赤城神社へお参り。
c0263829_19212016.jpg
c0263829_19224074.jpg
鳥居も社殿も新しそうでした。
神社の前の道を少し行くと黒檜山登山口があります。前橋市のサイトでは「急な岩場」とか「やせ尾根」という言葉があったのでどの程度かと思いましたが、まぁ確かに急坂ではあるけれども直登な場所もなく、ヤセてもおらず浮石もありませんでした。高所恐怖症の私がまったく怖くなかったんですから。小さい子供たちも大勢登っていました。
c0263829_19282776.jpg
山頂が高尾山状態に賑わっていたので、早々に駒ヶ岳方面へ。黒檜大神と書かれた立派な鳥居と祠がありました。
c0263829_19294559.jpg
ここからはそれほどきついアップダウンもなく駒ヶ岳山頂へ。石にアイゼンの爪痕が残っているので冬場も登る人は多いのでしょう。冬の方が面白そうだな、と思う一方、尾根が広いから積雪期は道がわからなくなるかも、とも思いました。
c0263829_19313699.jpg
この先の下りが、ひたすら木階段と鉄階段。延々と。濡れてる時は通りたくない。バス停は駒ヶ岳登山口の方が近いので、駒ヶ岳から登る人が多いようですが(私もバス停下りて皆が駒ヶ岳登山口に向かうのを見て迷いました)、こっちから登ると地味に単調にきついのでは…黒檜山から先に登る方がおすすめだと思います。

いつも気になるのが、ほとんどの人がポール持って熊よけ鈴を鳴らしていること。私はなるべくポールは使わないようにしています。ポールに頼って歩いていると自分の体でバランスをとれなくなる。岩場ではポールは邪魔になりますし。熊よけ鈴も持ってはいますが鳴らさないことが多いです、よほど周囲に人がいなくて動物が出そうなとき以外は。大勢でワイワイと行列して歩いてる登山道に出るような熊は鈴が鳴ってても出ますよ。ポールも鈴も、必要があるかどうか判断できてない?ただのファッションとして持っているように見えますね。それでいて必須の地図やコンパスを持ってなかったりするんですから。ツアー登山とかで数十人が全員鈴鳴らしてるようなのはうるさいからやめて欲しい。持ってるのはいいんですよ、はぐれた時に必要になるかもしれませんから。でも行列で鳴らすのは先頭と真ん中と最後尾くらいで良いのでは。

さて、帰りのバスの時間まで間があったので覚満淵も見物してきました。大沼とはだいぶ雰囲気が違う、高層湿原なんですね。関東平野の山、というイメージだったので、ここで高層湿原は意外でした。ただ、私は曇り女なので例によって雲の中。
c0263829_1941481.jpg
なんでいつもこうなるかな…これはこれで綺麗で良いけれども晴れてる所も見たい…

今回は単独でしたが周囲に子供連れが多かったので時々行列になる感じの登山道、あまり飛ばせず。いつも単独だとついついムキになって歩くので、休憩なしのオーバーペースになってしまっている、ということがよくわかりました。
[PR]
by kyougen-kigyo | 2015-09-22 20:25 |


鎌倉、登山、日本刀、その他諸々


by 柴

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
鎌倉歩き
考察編

日本刀
展覧会
リンク集
その他
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

最新の記事

戸倉三山縦走
at 2017-06-11 14:04
春の山へ
at 2017-04-21 20:27
陶磁器の論文発表中
at 2017-04-12 22:41
二階堂川の源流へ
at 2017-02-26 20:07
展覧会3つ
at 2017-01-23 20:42

最新のコメント

外部リンク

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
登山

画像一覧