今年最後の鑑賞会

日本刀文化振興協会の公開鑑賞会に行ってきました。
出品刀は、来國行・冷泉貞盛・則重・長光・長守。刀装具は、南北朝から室町時代を中心とした古四分一の目貫など。
日本刀に本格的にはまるきっかけになったのが来國行だったので、國行の太刀に触れることができたのが嬉しかった。もともと刃物好き(というと危ない人のように思われますが、実際には刃物を自分で扱っている人ほど怪我した時の痛さもどうしたら切れるかもわかっているから危なくないんです!子供の頃、彫刻が趣味で彫刻刀や切り出し小刀でさんざん自分で怪我してましたから…)なので興味はあったのですが、大学生の時に軍記物調べたりしていて更に知りたくなったところに同期の刀好きに「興味あるなら行ってみれば?」と日刀保の刀剣博物館を教えてもらい。行ってみたら国宝・来國行の太刀に一目惚れ。という流れで今に至っているのです。なので来國行は特別。
長守は初めて見ました。刃文は備前っぽいのに地鉄が備前っぽくない…と思って見ていましたが、相伝備前という解説を聞いて納得。今日の収穫は相伝備前のイメージがなんとなくわかったことかな。典型的備前である長光と並んでいたので、より分かりやすく拝見することができました。あと、則重というと松皮肌の派手な地鉄イメージだったのですが、案外おとなしい。貞盛は品の良い直刃の太刀でした。
刀装具では前向きと後ろ向きで1対になった蝙蝠の目貫、後ろ姿がとても可愛い蝙蝠。獅子も見事なものでした。面白かったのが河豚の目貫。南北朝時代にも河豚の図ってあったのですね。
甲冑の方面は詳しくないのですが、関東型筋兜というのをちょっと持たせていただきました。あんなのを長時間被っていたら首痛めそう。東国と西国で造りが違うという興味深いお話もありました。
[PR]
by kyougen-kigyo | 2014-12-07 18:01 | 日本刀


鎌倉、登山、日本刀、その他諸々


by 柴

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
鎌倉歩き
考察編

日本刀
展覧会
リンク集
その他
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

最新の記事

春の山へ
at 2017-04-21 20:27
陶磁器の論文発表中
at 2017-04-12 22:41
二階堂川の源流へ
at 2017-02-26 20:07
展覧会3つ
at 2017-01-23 20:42
日本刀の話題2件
at 2017-01-16 20:40

最新のコメント

外部リンク

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
登山

画像一覧