頼朝、出陣

文治5年7月12日、鎌倉ではもう勅許が無くても出陣してしまえという空気ですが、重ねて奥州泰衡追討の宣旨を要求する手紙を京都へ送っています。16日、京都の一条能保の使者後藤基清と、先日(って何度も出しているからどれだかわかりませんが)鎌倉から上京した飛脚、到着。相変わらず宣旨は出ません。念のため玉葉のこの時期を見てみたのですが、鎌倉や奥州に関する記述は見当たりませんでした。関わりたくなかったのか、興味がなかったのか。

7月17日、奥州下向直前の作戦会議。それによれば、

①東海道からは千葉常胤と八田知家を大将軍として、それぞれ一族ならびに常陸下総の勇士等を具し、宇大行方から岩城岩崎経由で、遇隈河(阿武隈川)を渡り(大手勢と)合流。
②北陸道からは比企能員と宇佐美實政を大将軍として下道を経、上野国高山、小林、大胡、左貫らの住人を催しつつ越後国から出羽国念種関(鼠ヶ関)へ出て合戦する。
③頼朝は大手、中路から下向。先陣は畠山重忠。

ということで太平洋沿岸・日本海沿岸・内陸の3手に分かれて進軍することに。翌日には早速、②の比企能員が出陣しており、19日には頼朝が出陣。頼朝自身がまともに出陣するのはいつ以来だろうか、ずいぶん久しぶりです。吾妻鏡の7月19日条には頼朝に従って出陣した御家人たちの名前が列記されていますが、その中に①の大将軍であるはずの八田知家の名前があり、この名簿が正確なら途中まで大手勢と一緒に行って分かれたことになります。名簿に千葉常胤の名前はないので千葉氏は所領から出陣したのかもしれません。

7月(新暦でいう所の8月)に出陣したのは当然、奥州の冬の寒さや雪を避けるためでしょう。奥州追討が終わって頼朝が鎌倉に帰ってきたのが10月の末、今でいえば11月の末。遅くなればなるほど不利になる、だから朝廷に早く宣旨を出せとしつこく要求して、もうこの辺がリミットだということだったのかもしれません。この後の吾妻鏡は大手の進軍の様子が続きます。
[PR]
by kyougen-kigyo | 2014-09-27 17:52 | 考察編


鎌倉、登山、日本刀、その他諸々


by 柴

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
鎌倉歩き
考察編

日本刀
展覧会
リンク集
その他
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
more...

最新の記事

展覧会予告「修復のお仕事展’..
at 2017-09-16 10:55
今年も坂城へ
at 2017-08-19 13:18
戸倉三山縦走
at 2017-06-11 14:04
春の山へ
at 2017-04-21 20:27
陶磁器の論文発表中
at 2017-04-12 22:41

最新のコメント

外部リンク

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
登山

画像一覧