得業聖弘のこと

今日は薄曇り、空気が冷たいと思ったら風花が舞っていました。ここのところ毎週雪を見ています、東京では珍しいことに。


文治3年(1187)3月8日、義経を南都でかくまっていた僧・周防得業聖弘が鎌倉で頼朝と対面し、問答。ちなみに「得業」は僧の階級名、「周防」は出身地? なので名前は「聖弘」です。吾妻鏡では「聖仏」とも書かれています。前年9月の義経捜索騒動で捕まって鎌倉に召し下され、小山七郎朝光に預けられていたようです。

「予州者欲濫邦国之凶臣也、而逐電之後、捜求諸国山沢、可誅戮之旨度々被宣下畢、…中略…貴房独致祈祷、剰有同意結構之聞、其企如何者」という頼朝直々の問いに対して聖弘は、「予州は君の御使として平家を征した時、合戦無為の祈祷を契約したので年来丹誠を抽んでてきた、報国の志ではないか。予州が関東の譴責を蒙って逐電した時、師檀のよしみで南都に来たので、まずは害を遁れて二品に謝罪するよう諷詞を加え、下法師を添えて伊賀国へ送った。その後は全く音信不通である。謀反を祈祷したのではない、逆心を諫めたのである。」─という申し開きに加えて、「関東の安全は予州の武功によるものであり、讒訴によってその奉公を忘れ恩賞地を召し返されたら逆心を生じるのも当たり前だ。早く兄弟魚水の思いを成して治国の謀りとするべきである」と義経だけでなく頼朝を諫める言葉を堂々と述べました。頼朝、こういう真っ直ぐな諫言にはわりと弱い。「得業の直心に感」じて、勝長寿院の供僧職とし関東の繁栄を祈祷するよう仰せ含められた。─ というのが得業聖弘の一件。

『現代語訳吾妻鏡』の注釈でも得業聖弘の生没年は不詳とあるので、この時聖弘が何歳だったのかはわかりません。多分、義経もこの調子で諭されたのでしょうから、兄弟そろって聖弘に叱責されたかたちです。頼朝は聖弘の言葉に納得した様子もないけど反論した様子もない、あまりに正論を述べられてぐうの音も出なかった、というところ。
[PR]
by kyougen-kigyo | 2014-02-23 20:56 | 考察編


鎌倉、登山、日本刀、その他諸々


by 柴

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
鎌倉歩き
考察編

日本刀
展覧会
リンク集
その他
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
more...

最新の記事

修復のお仕事展ご報告&お仕事..
at 2017-11-20 19:39
展覧会予告「修復のお仕事展’..
at 2017-09-16 10:55
今年も坂城へ
at 2017-08-19 13:18
戸倉三山縦走
at 2017-06-11 14:04
春の山へ
at 2017-04-21 20:27

最新のコメント

外部リンク

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
登山

画像一覧