行きたい展示が溜まってしっまって…

12月までだからまだ先だー、と油断してたらもうすぐ終わる展示がいくつも出てきてしまった…ので今日は美術館巡り。
まず、五島美術館の「光悦 桃山の古典」。朝一で行ったのですが、行列してて驚きました。光悦ってこんなに人気あるんだ? 家職の刀剣の他に、陶芸、漆工、書、と幅の広い人だから各ジャンルで人が集まるんでしょう。第1展示室の取っ付きに展示されていた黒楽茶碗「時雨」、存在感あります。赤楽も見る角度で表情が違って面白いですね。って茶の湯の経験もないのに偉そうなことを書いていますが。膳所焼も数点。確か『隔蓂記』の鳳林和尚が膳所焼、けっこうこだわってましたっけ。時代も重なるし、数寄者同士、接点は?と思って図録の年表見てたら鹿苑寺と本阿弥家、境界争いしてました…そういう接点ね…。展示の話に戻って、刀剣は1口、金象嵌銘の関係で「北野江」が出品されていました。光悦の孫が造ったという光悦木像も。耳が大きくて恰幅の良い人物像。福耳だったのかな。図録の論考が面白いと聞いているので、これからじっくり読みます。

次に向かったのが太田記念美術館「笑う浮世絵」。戯画を集めた展覧会です。絵の題材としては他愛もない戯画なんですが、あれだけ並ぶと見応えあります。戯画といえどもある程度の知識(芝居とか歴史上の物語とか)がないと笑えない。実は風刺画になっていたりもしますし。個人的に一番笑えたのはポスターにもなっていた「とうもろこしの石橋」でした。これも歌舞伎舞踊や能の「石橋」を知らないとわからない。

次、泉屋博古館分館の「伊万里染付の美」、径50センチを超える伊万里の大皿がずらり、という展示。この展示作業は重労働だ…ちょっと気になったのが宴席をイメージしたというコーナー、脚付き膳の上に大皿をどんと乗せていましたが、あのサイズの大皿って畳に直置きか、足のない大きい盆に乗っている図が多いと思う。卓袱のテーブルに大皿というのも浮世絵などにはありますが、普通の懐石用膳にあのように重たいものを大幅にはみ出して乗せるというのは一般的だろうか?もう少し絵画資料など調べてみたいと思います。

最後に、上野の森美術館で始まった「エヴァンゲリヲンと日本刀展」、大阪でも行きましたが、今日は川崎刀匠、石田刀匠が会場で銘切り実演をされていました。この展覧会、なんとフランスとスペインへの巡回も決定。すごいですね。来年4月30日~6月21日がパリ日本文化会館、7月5日~9月28日がマドリードABCミュージアム、だそうです。
[PR]
by kyougen-kigyo | 2013-11-24 17:54 | 展覧会


鎌倉、登山、日本刀、その他諸々


by 柴

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
鎌倉歩き
考察編

日本刀
展覧会
リンク集
その他
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

最新の記事

戸倉三山縦走
at 2017-06-11 14:04
春の山へ
at 2017-04-21 20:27
陶磁器の論文発表中
at 2017-04-12 22:41
二階堂川の源流へ
at 2017-02-26 20:07
展覧会3つ
at 2017-01-23 20:42

最新のコメント

外部リンク

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
登山

画像一覧