青磁片を探すということ

検索キーワードを見ていると材木座の青磁片がらみでこのブログに辿り着いている人もいるようなので、陶片拾いの様子を少々。
緑色のものを拾えばよい、というわけにはいかないのです。これは!?と思って近づくと青い石だったり(あの海岸には青っぽい石、多い)貝殻だったりガラス片だったりプラスチックだったり。陶磁片だったとしても現代のがたくさん落ちてますから…




これは、わかりやすい方↓
c0263829_2010488.jpg

拡大↓ 真ん中の緑色のが龍泉窯青磁でした。
c0263829_2011910.jpg

貝殻と小石のたまり場をかき分けてみたら、この土色はそれっぽい!↓
c0263829_2011341.jpg

って、わからないと思うので拡大赤矢印付き↓ カセてましたが、最大径2センチくらいの龍泉窯青磁、14世紀かな…
c0263829_201155100.jpg

という具合で数時間も海岸をうろついているというマニアックな話でした。必要なのは「見分ける目」と「根気」と「体力」。
地面を見つめすぎると目が疲れるので時々遠くも見ましょう。
c0263829_20121612.jpg

あんまり天気良くなる雲じゃないような気がするなぁ…
[PR]
by kyougen-kigyo | 2013-11-01 20:27 | 鎌倉歩き


鎌倉、登山、日本刀、その他諸々


by 柴

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
鎌倉歩き
考察編

日本刀
展覧会
リンク集
その他
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

最新の記事

戸倉三山縦走
at 2017-06-11 14:04
春の山へ
at 2017-04-21 20:27
陶磁器の論文発表中
at 2017-04-12 22:41
二階堂川の源流へ
at 2017-02-26 20:07
展覧会3つ
at 2017-01-23 20:42

最新のコメント

外部リンク

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
登山

画像一覧