一ノ谷

寿永3年2月。
1日、義仲追討の一方の大将だった範頼が頼朝に怒られています。これは上洛の時、墨俣渡で御家人たちと先陣を争って闘乱を起こしたことが頼朝の耳に達したため。範頼は義経と違って何事も頼朝の意向を気にかけて飛脚を頻繁に鎌倉に遣わしたり、千葉常胤や和田義盛らに相談したりしていたという記事が後々になって出てきますが、ここで叱られたのがこたえたんじゃなかろうか。

4日、平氏が一ノ谷に城郭を構える。城郭といっても地形を利用した急ごしらえの館だったのでしょうけれども。5日、源氏両将(範頼・義経)摂津国に到着、7日を矢合わせと定めます。大手は範頼以下、小山朝政・千葉常胤・畠山重忠・梶原景時ら。搦手の大将は義経、こちらには土肥実平や三浦義連・熊谷直実らの名前が見えます。
吾妻鏡の簡単な記述では地勢が少々わかりにくいのですが、大手:生田の森方面は海岸沿いを進み、搦手は三草山を経て一ノ谷の背後の鵯越に到達。搦手のうち、熊谷直実と平山季重は一ノ谷を回り込んで海側に出て先陣名乗りをしています。この先陣の後、「蒲冠者並足利・秩父・三浦・鎌倉之輩等」大手勢が攻め入って混戦になる中、「猪鹿兎狐之外不通険阻」の鵯越(つまり源氏の大手勢を相手にしていた平氏の軍勢の背後)から搦手勢が奇襲。この合戦で、重衡は生け捕り。その他、通盛・忠度・知章・敦盛ら多数の平氏の公達が討死。13日には討ち取られた人々の首が都大路を渡されました。

生け捕りになった重衡から、西国へ落ちた宗盛に先帝と三種の神器を返還するようにという使いが送られるのですが、20日に宗盛から送られた返書が注目されます。

「去六日、修理権大夫送書状云、依可有和平之儀、来八日出京、為御使可下向奉勅答、不帰参之以前、不可有狼藉之由、被仰関東武士等畢、又以此旨早可令仰含官軍等者、相守此仰官軍等、本自無合戦志之上、不及存知、相待院使下向之処、同七日、関東武士等襲来・・・」

院の御使いが来て和平の相談をしたいから戦うなという書状を貰ったから、その仰せを守っていたところが関東武士が襲ってきた、これはどういうことか、このような次第では還御は無理。そういうことが綿々と綴られた書状です。これが事実であれば、一ノ谷の合戦における平氏の最大の敗因は義経の鵯越ではなく、院の和議提案でしょう。宗盛は、院宣が関東武士たちに徹底しなかったのか・関東武士が院宣を無視したのか・油断させるために奇謀を巡らされたのか、と院に恨み言を書き連ねています。おそらく3番目でしょうね、頼朝をして日本一の大天狗と言わしめた後白河法皇のことですから。

『愚管抄』では一ノ谷に関する記述は少ないのですが、「九郎ソノ一ノ谷ヨリ打イリテ、平家ノ家ノ子東大寺ヤク大将軍重衡イケドリニシテ、其外十人バカリソノ日打取テケリ」とあって、書いたのが天台座主なだけに東大寺を焼いた重衡が特に槍玉に挙がってます。
[PR]
by kyougen-kigyo | 2013-05-26 16:14 | 考察編


鎌倉、登山、日本刀、その他諸々


by 柴

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
鎌倉歩き
考察編

日本刀
展覧会
リンク集
その他
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

最新の記事

戸倉三山縦走
at 2017-06-11 14:04
春の山へ
at 2017-04-21 20:27
陶磁器の論文発表中
at 2017-04-12 22:41
二階堂川の源流へ
at 2017-02-26 20:07
展覧会3つ
at 2017-01-23 20:42

最新のコメント

外部リンク

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
登山

画像一覧