まんだら堂やぐら群

ブログが鎌倉から逸脱してきてますが、ちゃんと鎌倉にも行ってます。今日は名越切通にある“まんだら堂やぐら群”を見学してきました。連休中で鎌倉駅は大混雑、でも緑ヶ丘入口行きバスは空席が目立つ。終点まで行ったのは私と、もう一組だけでした。駅周辺の混雑が嘘のような、この状態。
c0263829_19561586.jpg
切通の入口の空き地、以前はけもの道程度でしたが砂利を敷いて道ができていました。まんだら堂やぐら群は、鎌倉市ではなく逗子市の管轄(国指定史跡なので正確には国の管轄なのかもしれませんが)。ここ何年も発掘のため立入禁止で、特別公開中しか見られません。タイミングが合わず、実は入ったのは初めてです。やぐら群の入口で逗子市教育委員会の方?から、これまでの発掘状況などをまとめた資料をいただきました。



c0263829_1958789.jpg
c0263829_19584456.jpg
c0263829_19591413.jpg
こんなにきれいに整備されていたのですね。ベンチもあります。

鎌倉にたくさんあるやぐら。一応、お墓と言われてはいますが、長い年月の間に崩れたり、中の石塔などが動かされたり、果てはただの穴になって民家の物置になっていたりと元の姿を残しているものが少ないのです。まんだら堂やぐらは市街地から離れているためか比較的良い状態を保っていて、火葬跡も近くで見つかり、供養所としての性格がうかがえる貴重な遺跡です。
今年度は初夏は5月26日までの土日祝、秋が10~12月中旬の土日祝、春が26年3月の土日祝に公開予定だそうです。逗子市の社会教育課のサイトに詳細が出ています。

名越の切通から鎌倉に抜けて、その後の予定はまったく立てていなかったのですが、駅の大混雑からみて鶴岡八幡宮方面はすごい人混みになっている。海に足が向いていました。海もサーフィンやヨットの人々・家族連れで賑わっていましたが、青磁片探しができないほどではありません。しかし見つからない。最近収穫が少ないなー、もうあまり打ち上げられなくなっているのかな、もう少し見てみよう、と思った矢先にこんなのが。
c0263829_2001712.jpg
龍泉窯青磁、鎬蓮弁文鉢の高台部分(最大径4㎝程度)。久々の大物だったのでちょっと挙動不審になっていたかも…もっとも、伊豆半島までくっきり見晴らせる天気の良さなのに海をろくに眺めずに足もとばかり見ている時点で挙動不審ですかね。この後、小さい陶片が3個たて続けに見つかりました。やぐらと青磁で、満足な一日。

世界遺産不登録について。まぁ、武家文化と言っても鎌倉時代の建築物はほとんど残ってないし、肝心の中心地である幕府跡だって本格的に発掘されておらず全容解明されてないし、普通に思い浮かべる武家文化って江戸時代でしょうから鎌倉時代とは相当違ってるし…難しいと思いますよ。そもそも今でも大変な渋滞対策や、歩道が狭くて人が車道にあふれてしまって危険な点はどうするつもりなんでしょう? 今以上に観光客が増えたら地震・津波の避難対策も大変ですよ。あと、「世界」を目指すならタイワンリスや由比ヶ浜のトンビの増え過ぎもどうにかした方がいいのでは? 私はトンビに襲われても鎌倉に悪印象は持ちませんが(実際、20年ばかり前にトンビにサンドイッチ攫われたことがあります)、外国からはるばる見に来て襲われたんじゃかわいそうです。
と、個人的には思います。
[PR]
by kyougen-kigyo | 2013-05-03 20:21 | 鎌倉歩き


鎌倉、登山、日本刀、その他諸々


by 柴

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
鎌倉歩き
考察編

日本刀
展覧会
リンク集
その他
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
more...

最新の記事

展覧会予告「修復のお仕事展’..
at 2017-09-16 10:55
今年も坂城へ
at 2017-08-19 13:18
戸倉三山縦走
at 2017-06-11 14:04
春の山へ
at 2017-04-21 20:27
陶磁器の論文発表中
at 2017-04-12 22:41

最新のコメント

外部リンク

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
登山

画像一覧