愛媛旅行記③ ほんのちょっと高知県も。

(承前)宇和島は、まず「遊子水荷浦(ゆす・みずがうら)の段畑」見学。一面にジャガイモを主作物とした段々畑が作られています。千葉鴨川の大山千枚田を思い出しましたが、それよりずっと急傾斜。こんな急勾配の斜面に、よくぞここまで、という感じ。昔はジャガイモではなくサツマイモだったそうです。
c0263829_9364640.jpg




c0263829_9342412.jpg

城の石垣とは違いますが、こちらも見事。
c0263829_9345445.jpg
上から見るとこんな感じ。1段の幅はジャガイモ2株分程度しかありません。写真では見えませんが、猪除けの通電線が張ってありました。猪にも言い分はあるでしょうが、これだけ苦労して作った畑を猪に荒されるんじゃ、たまりませんよね。帰ってから西予観光協会のサイトを見ていたら猪肉のコロッケなど出ていました。奥多摩で鹿肉カレーとか作っているのと同じですね。
c0263829_9394157.jpg


所々に運搬用のモノレールはありますが、
c0263829_940812.jpg















わかるでしょうか、この細い溝のようなものが作業道です。
c0263829_9442328.jpg
すぐ下の海に目を転じれば、養殖筏が浮かんでいます。ブリやタイだそうです。丸いブイも浮いていて、そっちは真珠の養殖とのこと。段畑脇の売店で真珠のお土産も売っていました。
c0263829_9451935.jpg
段畑の先にある、薬師堂。左右に植わっているのがソテツなところが南国風。境内には古い五輪塔や、日露戦争で亡くなった兵士のお墓がいくつか並んでいました。

この日の昼食は、宇和島名物の鯛飯を御馳走になりました。おいしかった!生卵が合うんですね、鯛って。そういえば、江戸の料理本『料理通』に「泡盛鯛」という卵を使った鯛料理がありました。卵と鯛は相性がいいのかも。

道の駅に寄ってじゃこ天食べたりしながら(じゃこ天も東京で売ってるのと全然違う!)、帰り道に四万十川も見てきました。
c0263829_946747.jpg
曇ってきてしまったのですが、もっと晴れていると水が紫がかって見えるそうです。

c0263829_9462911.jpg
で、お土産がなぜか鉈。道の駅「四万十とおわ」で売っていました。父が山の藪こぎや庭木の剪定に数十年来使っていた鉈が砥ぎ減って刃がなくなる寸前だったのですが、なかなか気に入った後継が見つからずにいたのです。これは観光客向けというより地元の人が使う実用的な感じの鉈。鞘も白木のままですから加工しないと腰に下げて使えませんし、販売していた女性が「砥ぎあげてないから、ちゃんと砥いで使ってね」と言っていたように、まず自分で砥がないと使えない状態。包みながら思い出したように「砥げる?」と聞かれました。私はまだ鉈は砥げない…包丁や草刈り鎌なら見よう見まねで砥げるようになりましたが、鉈はまた別で。今度、父に鉈の砥ぎ方伝授してもらおうかな。帰宅後、こういうものは好き嫌いがあるから、私は気に入ったけど父はどうかな~と思いながら見せたら、早速、鞘に巻く革を買いに行きました。合格だったようです。

さて、四万十から松山へ戻って、帰りもサンライズで東京へ。楽しい初・四国でした。何から何までお世話になった先輩御一家に感謝します。(愛媛旅行記、完)
[PR]
by kyougen-kigyo | 2013-03-22 20:00 | その他


鎌倉、登山、日本刀、その他諸々


by 柴

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
鎌倉歩き
考察編

日本刀
展覧会
リンク集
その他
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

最新の記事

春の山へ
at 2017-04-21 20:27
陶磁器の論文発表中
at 2017-04-12 22:41
二階堂川の源流へ
at 2017-02-26 20:07
展覧会3つ
at 2017-01-23 20:42
日本刀の話題2件
at 2017-01-16 20:40

最新のコメント

外部リンク

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
登山

画像一覧