鎌倉の陶磁片のこと

鎌倉の海岸で古い陶磁片を採集できることがあるのですが、落ちているものは時代も様々で鎌倉時代から現代まで、あらゆるものがあります。

鎌倉時代のものでは例えばこんなの。元から輸入された龍泉窯青磁の、たぶん皿です(写真は同じ陶片の、内面・高台・断面)。
c0263829_14483355.jpgc0263829_14484328.jpgc0263829_14485025.jpg









形が違う皿も。
c0263829_14494272.jpgc0263829_14495070.jpgc0263829_1449595.jpg











c0263829_14571912.jpg

別の陶片にはうっすらと線刻が入っています。









800年前の陶片が落ちているかと思えば、
c0263829_1456742.jpg


こちらは江戸時代末の古伊万里。左は蛸唐草の徳利の首でしょう。右は五弁花の文様の一部が残る、皿の底の部分と思われます。





c0263829_1458561.jpg

これは大正~昭和? 型紙ですね。






材木座海岸で、こんな陶磁片たちを時間を忘れて拾っていることも、あります。
[PR]
by kyougen-kigyo | 2013-01-27 15:01 | 鎌倉歩き


鎌倉、登山、日本刀、その他諸々


by 柴

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
鎌倉歩き
考察編

日本刀
展覧会
リンク集
その他
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

最新の記事

戸倉三山縦走
at 2017-06-11 14:04
春の山へ
at 2017-04-21 20:27
陶磁器の論文発表中
at 2017-04-12 22:41
二階堂川の源流へ
at 2017-02-26 20:07
展覧会3つ
at 2017-01-23 20:42

最新のコメント

外部リンク

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
登山

画像一覧