日本刀文化振興協会の公開鑑賞会に参加

鎌倉の話ではありませんけれども・・・

先日、江戸東京博物館学習室で行われた公益財団法人日本刀文化振興協会の公開鑑賞会に参加してきました。今回は刀装具が20点、拵えが5点、面頬と額鉄が4点、刀剣が7口、それに加えて初心者コーナーに和泉守兼定(ノサダ)と古波平という全然違うタイプの2口が並んでいたのが面白いな、と思いました。

刀装具と甲冑・拵えは〈お手を触れないでください〉ですが、開始後しばらくすると係りの方が裏返してくださるので、裏側もじっくり拝見できます。美術館の展示には出てこない実戦レベルのものも間近に見ることができるし、刀は手にとって拝見することができるので、とても勉強になります。こういう鑑賞方法を覚えてしまうと、ガラスケース越しはもどかしくてしょうがない。
鎌倉時代から現代まで、まんべんなく出品されていたので時代による姿の違いもよくわかります。現代刀で出ていたのが大野義光刀匠の山鳥毛写しの太刀(長さ79.4センチ、反り3.3センチ)。豪壮で重ねが厚くて、すごく重い。と思ったら、本歌の上杉家伝来・号〈山鳥毛〉はもっと厚くて重いのだそうです。すごいなぁ。

今は現代刀の大ファンですが、古刀では案外、末備前が好きだったりします。来国行の太刀に一目惚れして以来の日本刀好きなので、以前は鎌倉時代のばかり見ていましたが、自分の手で持って鑑賞したりするようになったら末備前も面白いな、と思うようになって。離れて見るのと持つのとでは、印象が違うものです。鎌倉期の太刀がちょっと遠い存在なのに対して、末備前は何というか、親しみやすい。私は小柄なのでサイズ的な問題もあるのかもしれませんが。
[PR]
by kyougen-kigyo | 2012-12-03 21:12 | 日本刀


鎌倉、登山、日本刀、その他諸々


by 柴

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
鎌倉歩き
考察編

日本刀
展覧会
リンク集
その他
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

最新の記事

戸倉三山縦走
at 2017-06-11 14:04
春の山へ
at 2017-04-21 20:27
陶磁器の論文発表中
at 2017-04-12 22:41
二階堂川の源流へ
at 2017-02-26 20:07
展覧会3つ
at 2017-01-23 20:42

最新のコメント

外部リンク

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
登山

画像一覧