吾妻鏡持って、鎌倉に行く。(1) ~頼朝の鎌倉入り~

吾妻鏡に鎌倉が出てくるのは、源頼朝が鎌倉入りする治承4年(1180)10月以降。従って、しばらくは頼朝の動きを追いつつ鎌倉を見ていきます。ちなみに石橋山で大負けした2ヶ月ほど後の話です。

今の暦では11月上旬にあたる10月6日に、先陣を畠山重忠、後陣を千葉常胤として相模国に到着、まだ家を建てていなかったので民屋を宿館としたとあります。6日の条だけでは「相模国」とだけで、どの辺に泊まったのか不明。翌7日、鶴岡八幡宮を遥拝し、亀ヶ谷にあった父・義朝の屋敷跡を訪れた、とあるので鎌倉に入ったことがわかります。鶴岡八幡宮は現在の場所ではなく、頼朝の先祖である頼義が勧請した材木座の方にある最初の八幡宮、今は〈元八幡〉と呼ばれている社のことです。「遥拝」ですから、この時は浜の方へは行かなかったのでしょう。

また、義朝の屋敷跡に家を建てたいと思ったが土地が狭いし、すでに義朝を弔う御堂が建てられていたので取りやめた、と書いてあります。源氏山の東麓で、後に北条政子が寿福寺を建てた場所。源氏山も頼義が旗を立てたと伝えられる場所で源氏と縁が深く、今は頼朝の銅像があります。
c0263829_20382155.jpg
寿福寺の門。境内は立入禁止です。正面に見える木立が源氏山で、裏手の墓地の脇からも上がることができますが、

c0263829_20293912.jpg








こんな所を登ることになるので、ハイヒールの人にはお勧めできません。




c0263829_20315946.jpg
c0263829_2034033.jpg


源氏山の頼朝公像。こっちにはしばらく来ていなかったので、久々にお会いしました。そういえば後ろ側ってあまり見たことがなかったな、と思って回ってみたら背面も結構丁寧に作られてますね。

吾妻鏡の記述に戻ると、10月11日、政子が伊豆から鎌倉に到着。12日、頼朝は鶴岡八幡宮を現在の場所に移します。まだまだ簡素な社だったようですし、今のように街を一望する階段の上ではありません。今の鶴岡八幡宮境内の〈若宮〉辺りに最初の社殿があったと言われています。16日には、ここで僧侶による勤行が行われます。中世は神仏習合の最盛期、神社で僧侶が読経するのは珍しい風景ではなく、鶴岡八幡宮は近世まで寺扱いで、吾妻鏡にも「鶴岡八幡宮寺」と出てきます。
c0263829_2037503.jpg





現在の舞殿の向かって右側にある若宮。この辺に最初の社殿があったと思われます。





勤行の前日の15日に頼朝が「鎌倉御亭」に入っていますが、この屋敷は正規の御所ができるまでの仮住まい、山ノ内から中古物件を移築したもの。実はちょっと飛ばしましたが、13~14日の間に富士野の合戦で源氏が勝利した記事があり、これを受けて16日には頼朝も駿河へ向けて出陣しますから、仮御所に引越してから1泊しかしていません。先祖伝来の地である鎌倉に入ったものの、落ち着く暇もない様子が見えます。(以上、平成24/11/18撮影)
[PR]
by kyougen-kigyo | 2012-11-21 20:54 | 鎌倉歩き


鎌倉、登山、日本刀、その他諸々


by 柴

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
鎌倉歩き
考察編

日本刀
展覧会
リンク集
その他
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

最新の記事

春の山へ
at 2017-04-21 20:27
陶磁器の論文発表中
at 2017-04-12 22:41
二階堂川の源流へ
at 2017-02-26 20:07
展覧会3つ
at 2017-01-23 20:42
日本刀の話題2件
at 2017-01-16 20:40

最新のコメント

外部リンク

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
登山

画像一覧